自分の当たり前が他人にとっての当たり前でないことの危険性

どうも、ストケロのケアトーカー、ひでつぐです。

 

今日はタイトルの通り、「自分の当たり前が他人にとっての当たり前でないことの危険性」についてです。

これは例えばなしですが、ご飯を食べる時、箸を使ってご飯を食べます。

普通に考えればこれは当然のことであって何ら不自然なことはありません。

しかし、人によってはこの普通の箸でご飯を食べるという事に対して苛立ち、ストレスを溜め怒りに震えているかもしれないのです。。

そして最悪の場合、その人からあふれ出た怒りによって何かしらの被害を被ってしまう。

そんなことが実際に起こり得てしまうのです。

 

今回のお話の場合はあくまでも例え話なわけですが、

このたとえ話のように、自分や一般が当然だと思っていること、当たり前だと思う事が自分では無い別のだれかからするとストレスとなり怒りの原因となっている可能性があるのです。

世の中の人はすべてが同じ考えをもって生きているわけではなく、人それぞれが違う考え方をもっています。

このことを理解してください。

どんな時も決して油断せず、周囲に気を払い危険性を感じたら身を遠ざけるといったスキルを高める必要があるのです。

 

ひでつぐでした。