バス乗り場でやらかし、こっ恥ずかしい体験をして思ったこと

どうも、ストケロのケアトーカー、ひでつぐです。

 

今日はバスに乗ってお出かけをしたのですが、ちょっと恥ずかしい体験をしてしまいました。

というのも、私はいつもバスに乗る時いつもSuicaを使用しているのですが、今日はなぜかSuicaを忘れてしまったのです。

 

バス停は目の前。

さすがに戻るのは厳しい。

お財布をチェックすると小銭は全くなく、お札が数枚。

なので仕方なく1000円札を使う事にしました。

 

しかし、ここで問題が発生。

料金の入れ方ががわからない・・・。

 

というのも、バスに乗り始めた頃からずっとSuicaを使っておりSuicaを使わずに小銭を使った事なんて遠い昔のこと。

さらに言えば、お札を使って乗るなんてことは何気に初体験だったわけです。

 

「こりゃぁやばい・・・。」と思ったのですが、一昨年に出雲に行ってバスに乗った時、そういえば1000円札は全て小銭に崩してから料金を入れたような記憶を思い出したのです。

これで大丈夫とホッと安堵したところで、違う目的地行きのバスが出発。

すると、バス停で待っているのは私だけになり、目的地のバスが来る頃には私が待機列の先頭に立っていてミスなど出来ない状態になっていました。

 

しばらくして目的地行きのバスが到着。

ミスなどしようものなら後ろの待機列の人たちに迷惑がかかってしまう!

「あかん。ミスできない」などと思いつつ、乗り込み1000円札を1000円と書かれたお札入れに挿入しました。

スルーとお金が入っていき小銭が出てきます。

よし、予定どおり・・・。

と思い、出てきた小銭を料金入れに・・・と50円(何故か50円)入れたところでバスの運転手さんに「お客さんそれお釣りだよ!」と言われました。

「えっ?」と一瞬分からなかったのですが、どうやら1000円を入れたところは料金を差し引いたお釣りを出していただけであって、小銭に両替したわけではないということ。

てっきり両替機だと思っていた私は出てきたお釣りから、また料金を入れてしまったのです。

運転手さんは慣れた手つきで対応してくれましたが、後ろに待機列ができているのにも関わらず手間取ってしまい、何だかこっ恥ずかしい体験をしてしまいました。

 

この時思ったことは、普段しているから慣れていると思っている事でも、予想外で同じことを別な方法でしなくてはならなくなった時、同じように出来ない事もあるという事です。

今回は私がドジってしまったわけですが、世の中には結構このような事は起こりえます。

故に、どんな場合においても臨機応変に対応できるように、事前に様々な方法を知り、体験する必要があるわけです。

 

みなさんも、このような恥をかくことのないように、普段当たり前のようにしていることでも時には違う方法を試したりして、いざという時の為に経験をしておくと良いかと思います。

 

ひでつぐでした。