Amazonプライムで「エスター」という映画をみました

ストケロのケアトーカー、ひでつぐです。

 

今日は家での作業が多かったので、ちょっと空いた時間に何か映画を見ようと思い、Amazonプライムで探してみる事にしました。

色々と探した結果「エスター」という映画が評価も高く、評価数も多い映画を発見。

Amazonプライムの映画説明欄には

この娘、どこかが変だ。その“正体”が見えた時、世界中がショックに震えた。

とだけ。

 

何だか気になると思い、見てみたのですがこれが結構衝撃的な映画でした・・・。

 

簡単に概要を説明すると、とある家族が新しい家族をある孤児院から迎えるという話なのですが、その新しい家族に加わるのが「エスター」という少女なのです。

この少女がかなりの曲者。エスターは父親に取り入りながら暗躍を始めます。

そうして、家族がじわじわと崩壊に向かっていくわけです。

 

物語がある程度進むと、母親がカウンセリングを受けるシーンがあるのですが、カウンセラーがまったく母親の云う事を信じない。

なんでそこまで否定的なのよと、あまりにひど過ぎてここで笑っちゃったのですが、結局カウンセラーも、父親も母親を信じる事ができず結果は益々悪い方向へ・・・。

 

最終的に

「あああ・・・・」という展開になり、かなり衝撃的な終わり方をします。

感想をいうのであれば、

 

「悲惨・・・」

この一言につきます。

 

昨日、書きましたが、日常を変えるには大きく行動をしてみるというのが一つの手段としてあります。

映画では「エスター」という孤児を迎え入れるという、大きな行動をしたわけです。

その結果、大きな変化が起きました。

マイナス方向に・・・。

 

思い切って、行動した結果がこれでは悲しすぎる・・・。

行動は時に大胆に、時に慎重に。

 

そんなことを思った次第です。

 

ひでつぐでした。