本を読まなくても、学校に行かなくても、動画を使って何でも学べる時代になってきました

どうも、ストケロのケアトーカー、ひでつぐです。

 

最近、時間があれば何かとYouTubeの動画を見る事が多くなりました。

好きな動画は様々あるわけですが、プロではない素人が頑張って作ったおもしろ系動画モノはあまり見ずに、何かを学べるタイプの動画を比較的多くみていると思います。

 

そう、今は便利な時代になっていて動画で何でも学べるようになっているのです。

 

料理の作り方、魚の捌き方、ギターの弾き方、手品、英語の勉強、歴史の勉強などなど、ありとあらゆるジャンルの知恵が動画として公開され始めている訳です。

YouTubeなので動画自体は全て無料ですし、気になった動画を見るだけで勉強ができ様々な知識を得る事ができるのです。

そうして、得た知識を実際に試したり、一生懸命に練習を繰り返したりして知識をモノにするわけです。このように得た知識や技術が今後の何かしら起こる様々な自体において役立つ訳です。

私の場合は、クライアントとの話を引き出す時そうやって得た知識を使う事もあれば、実際に試したり学んだ事を実体験としてお話しする事もあります。

 

という事で、何かを勉強し始める際はまずYouTubeで動画を探してみるというのは何気に物事が上達する為の近道であるかもしれません。

本という手段もありますが、やはり見て得る情報量と本の情報量では情報の質と量が圧倒的に動画の方が高く、短時間で学べます。

何かに行き詰ったという場合は、本を読むという事も救いの手の一つではありますが、

今後はYouTubeで様々な動画を見る事が、すっぽりとハマってしまった穴から這い出すきっかけになるかもしれません。

 

 

ひでつぐでした。